写真紹介

こんな仕事しています

前職と現在の仕事内容について

1社目/2社目は、アニメ背景制作会社にて、水彩でのアニメ背景制作をしていました。3社目はIT企業にてブラウザ・アプリゲーム のイラスト/UIデザイナー、 シナリオ・サウンド等の世界観構築、進行管理、外注管理、デザイナーのマネジメント等を幅広く。現在ドリコムにて複数のPFで展開するゲームのプロデューサーとして、ゲームの品質や売上、渉外を担っています。また、ゲーム事業本部デザイン1部の部長として、ゲーム事業本部デザイナーのマネジメントやデザイン領域における課題解決等が主な仕事になります。

個人に任される裁量の大きさ

ドリコムに入社してよかったこと

個人に任される裁量が大きいことですね。現在プロデューサーとしてプロダクトに入っていますが、所属はデザイン部。このあり方が許されるのがドリコムの柔軟性を表していると思います。 職種間で閉じたモノづくりは自分に向いていなかったので、企画だけではなく開発メンバー全員がホワイトボードにさっと集まって、口頭でインゲームのあり方等会話する瞬間に、ふっとドリコムに入社してよかったなと実感したりします。

職種の垣根なく意見を言い合える

どんな人が多い?チームや会社の雰囲気は?

照れ屋さんが多いですね。 ただ、心の中に、大きな情熱を持っている。ことモノづくりにおいてのコミュニケーションは活発で、職種の垣根なく意見を言い合っています。 みんな「誰にモノを届けるのか」を大切にしていて、もしそこが抜けてしまっていたら、正すことができるチームが多いように見えますね。

チームみんなで目指したゲームを最高の形にしてユーザーに届けたい

今後の目標について

個人の目標は、チームみんなで目指したゲームを最高の形にしてユーザーに届けることです。ゲームづくりは本当に難易度が高く、様々な要因での失敗や後悔を抱えているので、その経験を生かしてチームが真に納得し、ユーザーにとって最高に楽しいゲームを作りたいと思っています。 マネージャーとしての目標は、デザインといえばドリコムと世界に認知されるような組織になることです。 デザインの良し悪しは、ユーザーに評価いただくものなので、ドリコムが生みだすモノの品質を支えるデザイナー自身のやりがいやスキルアップを支えられたらと思っていますね。

1DAY SCHEDULE

09:30 朝会
10:00 担当ゲームのスケジュール確認
11:00 施策に関するMTG
12:00 ランチ
14:00 来客、会議
16:00 ゲーム事業本部部長会議
17:00 メンバーとの個別会議
18:30 資料制作
19:30 帰宅
ENTRY