財務ハイライト

主要な経営指標等の推移


財務ハイライト_図番 [復元].ai.png

セグメント別業績サマリー


エンターテインメントサービス

他社IPゲームにつきましては、主力タイトルを中心に引き続き安定的に推移いたしました。2019年5月及び2019年11月の周年イベントは引き続きユーザーの支持を集め、リリースからの経年を感じさせない好調な推移となりました。また、2019年8月、11月には当社が開発・運営に関与する新規タイトルがリリースされ、特に2019年11月に再リリースされたタイトルは、垂直的な立ち上がりとなり、想定を上回る収益寄与となりました。 オリジナルゲームにつきましても、リリースから10年近く既存ユーザーの満足度維持・向上に焦点を当てたイベント施策の実施により売上水準を維持し、底堅く推移いたしました。 しかしながら、当期は前期と比較して開発本数が少なく、前期において多く計上されていた開発売上が減少したことから、売上高は前期比で減少いたしました。利益については、前期に比べ不採算タイトルが減少したこと、過去1年間を通じ運用費の最適化を推進したことから費用が減少し、前期の営業損失から営業利益に転ずることとなりました。 2021年3月期におきましても、既存の主力タイトルで引き続きユーザーに訴求するイベントの提供をつうじた収益力の強化・安定化につとめ、主力事業である当セグメントの売上高、営業利益の増伸に努めてまいります。

財務ハイライト_図番-[復元] (1).png

広告メディアサービス

広告メディアサービスでは、広告代理業務の他、次世代の主力事業創出を目的とした取り組みの一環である『DRIP(Drecom Invention Project)』のもと、2018年8月に発表した位置情報と3DリアルマップによるARスマートフォンアプリ構築プラットフォーム『AROW』等、当社の有するインターネットサービスの知見を活かした新規サービスを試験的に立ち上げ、事業化に向けた試行を重ねました。 『AROW』では、ゲームアプリ企画コンテストの実施やメディアへの露出など、2021年3月期中の事業化に向け、サービスの作りこみと、認知の向上に注力しております。

財務ハイライト_図番 [復元]_アートボード 1 のコピー 2 (1).png